2006年05月31日

5月31日の動き

5月31日の推移

今日も重苦しい展開となりました。
世界同時株安の様相ですが、先物の仕掛け的なものも見られます。

15500円の節目を割り込んだことにより
売り圧力も一層強まるのは確実となるでしょう。


「個人投資家は大きく増加しているが、外国人の売りで株価が下がる」
「物価の上昇で株価も上だが、消費者マインドが低下する為、売られる」
「経済指標からも好況であるが、金利の調整で(ゼロ金利の解除)売られる」


との見解はどちらを軸に判断するかの違いなので、現在は「売り」の材料となっていますが、先行き「買い」材料にはいつでも変化します。

私的には今の水準は割安圏と判断しているので「買い」は継続です。


---------------------------------------------------------------------

ここからは「割安株」「バリュー投資」についてです。

これらについてお便りをいくつか貰いましたので、
こちらで取り上げていきます。

「割安株」の投資は、ある水準(自分で割安だと感じるところ)で「買い」を入れるのが基本です。
下げ続けている段階では不安になりますが、銘柄を間違えていなければ悪く捉えることはなく、自然な判断なのです。

むしろ下げているから「買い」であり、上昇してからでは買い逃しますので、あくまで長期的なものの見方からすると、市場のムードから考えていないのです。

それも余裕資金だから出来ることで、目先の利益に左右されますと
痛手を被る状態が、如実に現れているのが現状ではないでしょうか。

誰もが売りの判断のときは、「買い」にいくのも正しい判断ですし
流れに逆らわず、売りの一手も正しいのです。

今の相場環境は、長期の業績重視の「買い」と短期の混沌とした「売り」のどちらでも入れる仕掛け時というのは経験上、反転する機転になることが多いと捉えています。

「ポイント還元」「決算特価」「売り尽くしセール」に人々が反応しますが
株に関しても同様で、安い時に手に入れられたら、願ってもない事なのです。
今後、更なる割引があるかもしれませんし行われないかもしれません

良いもの、良いサービスは定価を支払っても不満に思いませんし、
人々はそういったものを求めています。


そのような企業に投資するならば、目先は下げても長期では必ず株価として表れるでしょう。

「まだまだ下がるから」「いつでも買える」
「みんな売っているから自分も売る」


消極的になるのも当然ですが、自分の判断であれば長い目で見ましょう。周りの意見で判断して、後悔するのが一番悔やまれます。


ニートのデイトレ風林火山さんの、初心者の方メニューに書かれている、株の売り買いの目的?何か「いいこと」「悪いこと」あります?
を読んで頂くと、ヒントが掴めるのではないでしょうか?


--------------------------------------------------------------------

「割安株投資」に関連した見解も書いておきました。こちらで返信と代えさせて頂きます。


株ブログランキング

人気blogランキング
↑記事が参考になりましたらクリックお願いします


今日の取引の結果
posted by IPOで株日記 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

5月30日の取引




アメリカ市場は、お休みでしたが
日本の市場もお休みのような静かな一日でした。

出来高の少なさもありますが、新興市場が下げ止まりません。

個人投資家が、かなりの含み損を抱えているのは
一目瞭然なのですが、身動きが取れない限り
しばらくは停滞したままかもしれません。

今日から新規公開(IPO)が始まりました。
今週は4社が新規に上場します。

これがきっかけで、資金が戻ってくるのは確実と思われ
この流れが波及するのは、過去の例から見ても明らかなので
期待を持っています。
(これで反転しなければ上値は非常に重いと言わざるを得ないでしょう)


株ブログランキング

人気blogランキング
↑記事が参考になりましたらクリックお願いします

今日の売買状況はこちら
posted by IPOで株日記 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

5月29日の動き




外国人の寄り付き前の売買状況が今日も大幅な売り越しだったこともあるのでしょう。
寄り付きこそ高く始まりましたが、じりじり値を下げていく展開でした。

ここしばらく外国人はずっと売っていますね。

(詳しいことは 元証券マンさんの、29日の記事を見ると参考になると思います)

それにしても国内では明るい話題がありません。

週末も社会保険庁など年金の話題が取り上げられていましたが

将来の懸念材料に大幅な改革が迫られている時は
個人的には良い材料と考えています。


秋に総裁選を控えるなど、この時期はどんなニュースでも
悪い面で捉えがちなのは当然なことなのですが

経済は、基本的にこれらがどのようになろうとも動き続けるのであり
今は様子見が賢明だと思うのですが
あまり悲観しなくても良いと思うのです。

株ブログランキング

人気blogランキング
↑記事が参考になりましたらクリックお願いします

続きを読む
posted by IPOで株日記 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

5月26日の動き




今日は、寄り付きから大きく上昇。

外国人の売買動向は、大きな売り越しでしたが
消費者物価指数の堅調さもあり、高値圏で推移しました。

出来高が減少傾向の中での上昇なので
力強さは感じられず、様子見ムードといった感じです。

来週からIPOが再開されますが、資金がどう動くのかが
今後の動向を見る上で重要になってきます。

5月は例年、直近のIPOに資金が入ってましたが
今年は期待はずれの結果でした。

公募価格を割り込む銘柄も多数見られますが
新興市場に資金が戻ってくれば、これらの銘柄にも波及すると思われるので安値圏にある銘柄は、早い段階で仕込んでおくのも良いと思います。


株ブログランキング

人気blogランキング
↑記事が参考になりましたらクリックお願いします

続きを読む
posted by IPOで株日記 at 20:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

5月25日の動き




さすがに、昨日の大きな上昇の反動もあったのか
安く引けました。

寄り付き前の外国人の売買動向が大きく売り越しということも
あったのですが、前日の終値を一度もタッチせず。
16000円を超えず)

安値引けというのも、正直がっかりというか、
上値の重さの印象が強く現れる結果となりました。

アジア市場全体も、まだ不安定な様子ですが
15000円を割り込まない限りは、まだ安心していられるのが正直なところです。

先物で昨日ほどの規模ではありませんが、
売り崩す動きも見られるのでこれらが落ち着くのを
待つのも一考かもしれません。


株ブログランキング

人気blogランキング
↑記事が参考になりましたらクリックお願いします


続きを読む
posted by IPOで株日記 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「バリュー投資」常勝セオリー(成功者が実践する投資法)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。