2007年06月30日

6月は堅調に推移

6月は、それまでの上値の重さが嘘のように高く推移しました。

世界的な株高、商品市況の高騰、また円安が素直に好感された結果に。

7月は高値を追っていくとの見方が大半を占めています。

私としてはいつものように大勢とは
逆を行くつもりですが、さすがに辛いのが正直なところ。

IPO市場が絶好調。

地道に各証券会社に申し込みつつも空振り。

ここも素直に流れに乗れば、利も取れていたのでしょうが
見ているだけとなっています。

みんなが強気に見ているときは要注意です。



posted by IPOで株日記 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

6月25日

今日の動きは正直のところ、予想していたとおりです。

先週末のアメリカ市場の軟調さから
売りとみる向きも多分にあったでしょう。

今後の動向はおそらく引け際の下げに見られるように
短期資金の流動性、すなわち
続いてきた円安が転換するかどうかにかかっているわけです。

今日の動きは、相場を長く見ていれば
大方予想できます。

7月・8月に向けても。


世間を騒がせている、「ミートホープ」の問題に見られるように

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070625-00000205-yom-soci

足元の景気というのか、
国レベルで見た先行きに懐疑的にならざるを得ないのです。

悪材料が出たときは相場の転換点とは
よく言われることですが

今回に関しては、この手の食品流通問題は
ここだけにとどまらず、
耐震偽装、介護不正報酬につづく問題として
徹底的に議論をしなければ収集がつかないところ。

まして加ト吉が関わっていることなど
単独犯ではないところに不透明さを感じます。

しかし根幹に触れることはないでしょう。

----------------------------------------------------

食品業界に関わっている人から見ると
この事件に対して、何も驚きません。

残念ながら、このような体質は他でも
今も変わりなく続けられています。

今後も体質が変わることはありません。

posted by IPOで株日記 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

6月22日

今週は堅調に推移してきましたが
さすがに週末ということもあり下げて終えています。

今日は底堅い印象もありましたが
この先はどうなのかを考えるとどうなのでしょう

日本市場は一方向に行きやすいところがあるので
節目の18000円を下回らなければ
楽観できるところです。

国内の景気の先行きは今年は概ね、良いと
見られていることで動いてきた相場。

世界的な株高、商品市況の強さに支えられてきた
需給の流れは、今の水準でみると
もはや理論的な価格形成が崩れてきていて
どこで反転するかという時期にきているのかと考えています。

円安にしても124円というところは
対ドル、対ユーロで比べても
行き過ぎているところが気になります。

125円を突破したら、さすがに世界的に規制がかかるでしょう。

利が乗っているなら、売るのは今でしょう。


IPOが活発な動きで一頃のブームも
戻りつつあるのかと期待できる半面、
資金量自体は増えてはいないんですよね。

企業の不祥事も数々出ているので
買うという気になれないのが本当のところです。

posted by IPOで株日記 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

6月15日

日経平均株価が18000円を超えて終わりたかったのですが
もう一息でした。

気になるのは円安が123円台まで進んできているところ。

金利上昇と物価上昇が同時に表れてきますので
株式にとって、夏から年末にかけて
最大のヤマ場になります。

アメリカを中心とする、外部環境の需給に巻き込まれないかが心配なのです。

年内20000円突破するのも現実味を帯びてきましたし
政治的な混乱さえ無ければ良いのですが。




デイトレで鞘抜きするには
今のような17500〜18000円で動いてくれた方が
ありがたいのです。

posted by IPOで株日記 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

6月11日

GDP(国内総生産)ぼ数値が良くても
来期の見通しは厳しそうなので動かず。

週末、ニューヨークが高くても週明けの
動向を見極めたいから動かず。

コムスンの事業譲渡が見えてきましたが
24時間体制は受けられない・利益のあるところだけ
拾われることになりそうで期待が持てず。


あまり買う気が起きなくなりますが
悪材料は買いでもあり、思わぬ安値は拾いたいところ。



それにしても、4242タカギセイコーはどうしたものか?

500円割れはどう考えても安すぎだと思いますが
残念ながらウォッチしていませんでした。

動きが落ち着いてから手を出します。
posted by IPOで株日記 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「バリュー投資」常勝セオリー(成功者が実践する投資法)