2008年07月31日

7月も低迷しています

7月の相場は、例年堅調に推移することが多いのは
もう昔の話で、株式市場は閑散状態。
出来高は全体で20億株を下回ることが多くなりました。

政治・経済と良い材料に恵まれず、
相変わらずアメリカの先行きに一喜一憂する他力本願の様子。

周りで株式を行っている人はめっきり減りました。

相場の低迷期が仕込み時といいますが、
誰も関心が無いのでしょうか?


倒産件数も多いですね。
資金繰りの問題で突然死が見受けられます。
8月もこんな状態が続くのでしょう。

原油相場が下落し始めているのが唯一好材料か。

ちょっと意外だったのが任天堂のストップ安。
決算の数字は予想と同じ位。

いい材料が出なければ一気に売られる悪循環。

明るい未来が見えないですね。
posted by IPOで株日記 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「バリュー投資」常勝セオリー(成功者が実践する投資法)