2008年08月31日

8月は商いがとても閑散としていた

8月も回復の兆しすら見えない状況です。

外国人投資家頼みの風潮がますます強まり
国内の金融機関はもとより、個人投資家は参加しているのはほんのわずか。

上場企業も倒産が相次ぎ、先の見えない中で
各々の企業を応援しようと投資行動に移っていきたいところ。

原油高が一息ついて、あとは不動産関連の復調待ちとなっていますが
年内、もしくあと1年くらいは辛抱でしょうか。
それまで貯蓄をしていきます。

ほとんどの株が含み損となっていますが
個々の企業の業績は悪いながらも黒字は維持しそう。
買い増ししたい心境ですが、無理をせず見通しが立ってからに
したいと思います。

9月は例年軟調になりますが、今年はあてはまるのか
まったく予測できませんね。
posted by IPOで株日記 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「バリュー投資」常勝セオリー(成功者が実践する投資法)