2009年01月31日

日経平均株価 ふたたび7000円台に

1月は再び日経平均株価が8000円割れになりました。
年明けの相場は例年ですと堅調なイメージなのですが
今年は相変わらず景気の先行きのも通しに左右される展開に。

この不景気は今年いっぱいか、数年先まで続くかで
株価の動きは違ってくるのですが
やっぱり数年は続くと考えるのが普通なのかもしれません。

景気の悪化はまだ第一段階で今年にかけて更なる悪化も予想されます。

こういうときは現金が一番安全と株式だけでなく
不動産もそうですが安売り状態がまだまだ続くのでしょう。

歴史的に見てこういう時に買い進められる人が
財産を築けると考えているので
私も冷静に考え行動していきたいです。

今月は、ほとんど売買していませんが
2月・3月はどうしよう?

配当や優待狙いで買うのはやっぱり危険かな(^^)
posted by IPOで株日記 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「バリュー投資」常勝セオリー(成功者が実践する投資法)