2009年07月31日

7月は日経平均株価が年初来高値を更新

7月の日経平均株価は高値を更新する形となった。

最近の株価の動きは企業の業績の数字に表れたものともいえますが
ずいぶん楽観論が出てきたような気がします。

確かに最悪期は脱しているのですが
以前のような投機資金の流入ぶりは再び実体経済に
悪影響を及ぼしかねないでしょう。

8月は総選挙もあるため、思わぬ乱高下があるかもしれない感じ。

アメリカ市場の動きも楽観論ばかりが目に付いてなんだか怪しい。

第1四半期決算の全体的な数字は、いい企業もありますが
多数は厳しい様子。今後好転するかは未知数。

円相場が現状の95円付近から100円に下落すると
疑心暗鬼から開放されそうですが(^^)
posted by IPOで株日記 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「バリュー投資」常勝セオリー(成功者が実践する投資法)