2009年11月30日

11月で底打ちしたのかな?

円高が84円台まで進んだり、日経平均も9000円処まで落ちるなど
先行きの見えない展開。

この時期は例年薄商いになるため、仕掛け的なものも見られるので
今後も下げ続けるとは考えづらいともいえます。

気になるのはやっぱり「デフレ」が意識されてきたこと。

物価の下落は株価にマイナスですし、企業業績に反映されやすのです

世界的に見ると景気回復は明らかで、日本だけ取り残されている現状も
今だけとも考えられます。

先行き不透明感も強いですし、日本国内は将来展望が
見出せていないのが大きいですね


年内は低迷したままになるのでしょうかふらふら

ともあれ、鳩山総理は長く続くのだろうか??



株式市場「強者」の論理
中原 圭介
ナツメ社
売り上げランキング: 3825
おすすめ度の平均: 5.0
5 初心者が嵌りやすい罠が列挙されている
4 株式投資初心者にはお勧め
5 内容が充実、読みやすい
5 株式投資のバイブル
5 サブプライム問題も影響なしの必読本

posted by IPOで株日記 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「バリュー投資」常勝セオリー(成功者が実践する投資法)