2009年12月31日

2009年もあとわずか

今年もわずかになりました。

年初はどこまで下がるやらと思っていましたが
世界経済も落ち着いた感じになりました。

日本だけ取り残された状況になってしまいましたが
夜明け前の静けさといったところに位置しているのだと思います。
将来像が描ければ一気に追いつくのでしょう。
来年は横ばいなのか?

00年代は「失われた10年」を克服するどころか
失われた20年」が現実のものとなってしまいました。

10年代は、政治や経済やら蓋をされていたものが明らかになったことで
再生、回復、成長の10年になるのでしょう。

民主党政権には不安が付きまとっていますが
2010年にはだいぶ道筋がついていると思います。
経済は回復しないかもしれませんが、必ず実を結ぶと信じています。

よいお年を。


2010年の日本―雇用社会から起業社会へ (未来創発2010)
山田 澤明 神尾 文彦 齊藤 義明 井上 泰一 野村総合研究所
東洋経済新報社
売り上げランキング: 136426
おすすめ度の平均: 4.0
4 元気の出る近未来像
5 テーマを絞った深い考察
3 すぐに到来する5年後の日本がイメージできます

posted by IPOで株日記 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「バリュー投資」常勝セオリー(成功者が実践する投資法)